R0703言語学概論第1設題 A判定 合格レポート 2016年度対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数749
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度も同じ設題です。
    言葉の意味が脈絡によって異なる場合を、例をあげて説明しなさい。
    テキストを的確にまとめました。
    本論文の構成
     本論文では、言葉の意味が脈絡によって異なる場合を例を挙げて説明し、脈絡の背後にある地域・世代の違い、人間関係の違いなどの観点から論ずるものとする。
    第1章 複数の意味を持つ単語
    言葉の意味とは、その言葉が発せられた時の状況、誰がその言葉を使用したかによって違ってくることが多い。それは、言葉の意味というものが、それが指し示す内容とは独立して存在するからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    言葉の意味が脈絡によって異なる場合を、例をあげて説明しなさい。
    本論文の構成
     本論文では、言葉の意味が脈絡によって異なる場合を例を挙げて説明し、脈絡の背後にある地域・世代の違い、人間関係の違いなどの観点から論ずるものとする。
    第1章 複数の意味を持つ単語
    言葉の意味とは、その言葉が発せられた時の状況、誰がその言葉を使用したかによって違ってくることが多い。それは、言葉の意味というものが、それが指し示す内容とは独立して存在するからである。
     例えば、「犬」という言葉を思い浮かべて欲しい。犬というと、動物の犬を指す。辞書には、「食肉目イヌ科の哺乳類。嗅覚・聴覚が鋭く、古くから猟犬・番犬・牧畜犬などとして家畜化。多くの品種がつくられ、大きさや体形、毛色などはさまざま。警察犬・軍用犬・盲導犬・競走犬・愛玩犬など用途は広い。他人の秘密などをかぎ回って報告する者。スパイ。 」とある。
    「飼い犬」であれば、①誰かにペットとして飼われている。②人間が誰かのいいなりになっている。家来のようなイメージを持つ。さらに、幕府の犬、政府の犬というと、権力の手先という意味になってしまう。
     「野犬」だと、危険とか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。