R0112日本史文学史第1設題 A判定 合格レポート 2016年度対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数425
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年も同じ設題です。
    上代、中古、中世、近世の文学の特質を、それぞれの時代の特性をふまえつつ、下記の諸作品を例にして具体的に説明せよ。<古事記・万葉集・古今集・女流日記(女性によって書かれた日記)・源氏物語・平家物語・徒然草・近世小説>
    テキストを的確にまとめました。
    高校の日本史の教科書と、日本史の資料集、国語便覧も参考にしました。
    第一章  上代の文学
    第一節 上代の文学の特性
     上代の文学は、口承文学から記載文学へと大きく発展した時代である。上代とは、四世紀後半に大和(現在の奈良県)を中心にして大和政権による国土の統一から、桓武天皇が794(延暦13)年に都を平安京に遷都するまでの期間である。作品には古事記や日本書紀がある 。
    第二節 古事記
     七一二(和銅五)年、元明天皇の命により稗田阿礼が読み習っていた帝紀、本辞を太安万侶が筆録したものである。序文は漢文で書かれており、それ以外は変体漢文である。特に人名や歌は「万葉仮名」でかかれている。内容は、上・中・下の三巻から成っており、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    上代、中古、中世、近世の文学の特質を、それぞれの時代の特性をふまえつつ、下記の諸作品を例にして具体的に説明せよ。<古事記・万葉集・古今集・女流日記(女性によって書かれた日記)・源氏物語・平家物語・徒然草・近世小説>
    第一章  上代の文学
    第一節 上代の文学の特性
     上代の文学は、口承文学から記載文学へと大きく発展した時代である。上代とは、四世紀後半に大和(現在の奈良県)を中心にして大和政権による国土の統一から、桓武天皇が794(延暦13)年に都を平安京に遷都するまでの期間である。作品には古事記や日本書紀がある 。
    第二節 古事記
     七一二(和銅五)年、元明天皇の命により稗田阿礼が読み習っていた帝紀、本辞を太安万侶が筆録したものである。序文は漢文で書かれており、それ以外は変体漢文である。特に人名や歌は「万葉仮名」でかかれている。内容は、上・中・下の三巻から成っており、上巻は岩戸神話や出雲神話などの天地開闢以来の神話が収められている。中・下巻は神武天皇から推古天皇までの天皇を中心とする物語で、倭建命の話が有名である 。
    第三節 万葉集
     「ますらをぶり」と呼ばれる男性風の歌風である。現実に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。