児童理解と教育相談 第一分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数930
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目コード07809「児童理解と教育相談」第1分冊
    本論分の構成
     テキストをようやくした部分については、『』をつけて区別するものとする。
    啓発
    『啓発とは第1次的予防にあたり、「健康モデル」であり、心の健康問題を引き起こさないための素地作りを指す。そのため、健康な心の発達に関する理解がまず基本となる。
     小学校は学年のみならず月齢での発達の差が見られる。担任は担当学年の学齢に見合った発達とは何なのかを常に把握し、遅れが見られる児童には保障の教育を行う必要がある。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目コード07809「児童理解と教育相談」第1分冊
    本論分の構成
     テキストをようやくした部分については、『』をつけて区別するものとする。
    啓発
    『啓発とは第1次的予防にあたり、「健康モデル」であり、心の健康問題を引き起こさないための素地作りを指す。そのため、健康な心の発達に関する理解がまず基本となる。
     小学校は学年のみならず月齢での発達の差が見られる。担任は担当学年の学齢に見合った発達とは何なのかを常に把握し、遅れが見られる児童には保障の教育を行う必要がある。』
     児童の家族構成は様々である。兄弟姉妹がいて、その中で感情が発達した児童もいれば、一人っ子の児童もいる。厳しい保護者や過保護な保護者もいる。幼稚園や保育園においても、その保育方針・教育方針は異なる。私自身、キリスト教の幼稚園に通園していたため、神への感謝と、暴力を受けてもやり返さない忍耐を教えられた。公立小学校において、キリストの教えを引用することはできないが、道徳の時間・学活の時間などを利用して、「生きる力」を育むことが重要である。
    予防
    『第2次的予防が問題の早期発見としての予防である。例えば、風邪気味の際に暖かくして..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。