教員採用試験に合格する論文の書き方・合格する面接の受け方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,512
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教員採用試験 合格論文の書き方・合格する面接の受け方
    資料内容の説明
     この資料では、教員採用試験で出題される小論文における合格論文の書き方を説明します。同時に、教員採用試験の小論文の対策方法、勉強方法も説明します。
     また面接試験での合格の仕方を説明します。
    教員採用試験の現状と誤解
     ここ数年、段階の世代の大量退職に伴い、採用人数が増えると世間一般では言われがちです。理論的に考えれば、100人退職すれば100人採用するでしょう。年収600万円の教員が退職し、年収350万円の新卒を採用すれば人件費の削減にも繋がりますから。
     しかし、現実は違います。教員採用試験は難関です。団塊の世代が大量に退職しても、各都道府県や政令指定都市が採用を控えているため

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教員採用試験 合格論文の書き方・合格する面接の受け方
    資料内容の説明
     この資料では、教員採用試験で出題される小論文における合格論文の書き方を説明します。同時に、教員採用試験の小論文の対策方法、勉強方法も説明します。
     また面接試験での合格の仕方を説明します。
    教員採用試験の現状と誤解
     ここ数年、段階の世代の大量退職に伴い、採用人数が増えると世間一般では言われがちです。理論的に考えれば、100人退職すれば100人採用するでしょう。年収600万円の教員が退職し、年収350万円の新卒を採用すれば人件費の削減にも繋がりますから。
     しかし、現実は違います。教員採用試験は難関です。団塊の世代が大量に退職しても、各都道府県や政令指定都市が採用を控えているため、100人退職しても60~70人しか本採用せず、後の30~40人は臨時採用(講師)で間に合わせています。これは、新聞の報道を基にしたデータです。
     では、なぜ採用しないのでしょうか。それは、公務員の数を減らすという政策があるからです。公務員の人数は、本採用の人数だけです。臨時採用(講師)は、公務員の人数にカウントされていません。そのため、臨..

    コメント1件

    relax 販売
    教員採用試験では、面接と小論文の比重がだんだんと大きくなってきています。
    教員採用試験の試験対策にご活用ください。
    2010/01/14 20:21 (6年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。