佛教大学 教育実習1と3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数70
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教師を目指すものとして今後どのような点に努力をすればよいと思うか?
    学習指導要領を参考にしました。
    また、現場の先生の意見も取り入れました。

    第1章 パソコンを使いこなす
    教師は事務的な仕事に追われ、子どもと接する時間が少なくなっているとの指摘がある。現実的な問題として、教師は授業や生徒指導に力を入れて、授業で使用するワークシートの作成など、事務作業において民間企業の会社員よりも作業効率が高いとは言い難い。しかし、教師になるとその多忙さゆえ、パソコン教室に通うということは不可能である。今の時点で、エクセルやワードを使いこなし、ワークシート作成や成績表作成時に能率よく行えるように備えなければならない。
    また、最近は学校の情報がウイニーなどによって流出する事件が後を絶たない。パソコンを使

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師を目指すものとして今後どのような点に努力をすればよいと思うか?
    第1章 パソコンを使いこなす
    教師は事務的な仕事に追われ、子どもと接する時間が少なくなっているとの指摘がある。現実的な問題として、教師は授業や生徒指導に力を入れて、授業で使用するワークシートの作成など、事務作業において民間企業の会社員よりも作業効率が高いとは言い難い。しかし、教師になるとその多忙さゆえ、パソコン教室に通うということは不可能である。今の時点で、エクセルやワードを使いこなし、ワークシート作成や成績表作成時に能率よく行えるように備えなければならない。
    また、最近は学校の情報がウイニーなどによって流出する事件が後を絶たない。パソコンを使いこなせるようになることが、現在の教師には求められており、使いこなせるようになる努力が必要である。
    第2章 体力をつける
     教師の仕事は体力勝負であり、体が資本である。実習校では7時から21時まで職員室に教師が在室している。休憩時間などはなく、長時間労働である。また、土日も部活指導があり、週休0日の教師もいる。肉体労働であり、同時に労働基準法を逸脱した労働時間であるため、体力が必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。