家庭科教育法 合格 A判定 学習指導案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数222
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    対象とする学年(5年か6年か)、育みたい能力を明確にして題材を設定し、学習指導案を作成しなさい。ただし、実践的・体験的学習方法を活用した学習活動を考えること。
    テキスト、小学校の教科書、中学校の教科書、学習指導要領をまとめました。

    育みたい能力を明確にした題材

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    対象とする学年(5年か6年か)、育みたい能力を明確にして題材を設定し、学習指導案を作成しなさい。ただし、実践的・体験的学習方法を活用した学習活動を考えること。
    育みたい能力を明確にした題材
    2 食育の推進をねらった指導
    9 伝統・文化を重視した指導
    本論文の構成
     家庭科の観点別評価は、名古屋市立小学校に沿って作成した。名古屋市立小学校で、授業を行う前提で学習指導案を作成した。
    6年次家庭科学習指導案
    指導日時 平成24年9月20日(木)第2校時
    指導場所 6年3組教室
    指導学級 6年3組(男子15人、女子16人、計33人)
    単元名 1食分の食事を考えよう
    (副題)地域の食材を使って
    単元の目標
    ・(家庭生活への関心・意欲・態度)
     普段の食事において、食べることの意味、栄養の取れた食事を取ることの重要性を考える。
     食事ができることを感謝し、毎日の食事を支えてくれている人たちに感謝する。
    ・生活を創意工夫する能力
     地元の食材を活用して、地産地消を行えるように工夫する。
     地元の伝統的な料理を受け継ぐように工夫する。
    ・生活の技能
     五大栄養素を中心として、食事の栄養を考えることがで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。