教育実習のお礼文

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数154
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育実習のお例文-模範の手紙を通して―
    資料の説明
     教育実習の最終日にお例文を手渡すか、もしくは教育実習後にお例文を郵送します。教育実習校に失礼がないにしなければなりません。
    そのお例文の模範を記述します。また、何故このように記述するのか、逆にタブーは何かも触れます。
    全般的な注意事項
    ・必ず下書きをして、誰かに文章を読んでもらい、誤字脱字がないかを確認すること。
    ・修整液は使用しないこと。
    ・黒のボールペンか、万年筆を使用すること。青のボールペンやパソコンの使用は禁止です。
    ・話し言葉を使用しない。書き言葉で書くこと。
    お例文を書く相手

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習のお例文-模範の手紙を通して―
    資料の説明
     教育実習の最終日にお例文を手渡すか、もしくは教育実習後にお例文を郵送します。教育実習校に失礼がないにしなければなりません。
    そのお例文の模範を記述します。また、何故このように記述するのか、逆にタブーは何かも触れます。
    全般的な注意事項
    ・必ず下書きをして、誰かに文章を読んでもらい、誤字脱字がないかを確認すること。
    ・修整液は使用しないこと。
    ・黒のボールペンか、万年筆を使用すること。青のボールペンやパソコンの使用は禁止です。
    ・話し言葉を使用しない。書き言葉で書くこと。
    お例文を書く相手
     お例文は、学校長(校長先生)、指導教諭(教科の指導教諭と、学級の指導教諭の2人いる場合は2人に)に書きます。
     宛名は、
    『○○市立△△中学校 □□校長先生』
    です。
    <注意>高校であれば
    『○○県立△△高等学校 □□校長先生』
    決して、高校と省略しないように。高等学校です。
    文章の書き出し
    拝啓
    <注>前略は、禁止です。
    梅の香りが漂う季節となりました。
    この度は3週間もの間、教育実習をさせていただきありがとうございました。
    教育実習期間中は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。