教科教育法社会1 第1設題 合格 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数114
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会科の学習指導方法について説明しなさい。
    テキストを的確にまとめました。
    学習指導要領を参考にしました。
    本論分の構成
     各学習指導方法を社会科の授業に当てはめて、論じていく。
    第1章 学習指導の類型
    「学習指導の類型には、文化遺産を伝達することに重点を置く文化主義的な立場と、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科の学習指導方法について説明しなさい。
    本論分の構成
     各学習指導方法を社会科の授業に当てはめて、論じていく。
    第1章 学習指導の類型
    「学習指導の類型には、文化遺産を伝達することに重点を置く文化主義的な立場と、生徒の生活体験を組織することに重点を置く経験主義の立場がある 。」先人の残した文化遺産を学ぶことは、社会科の大きな使命である。また、修学旅行において法隆寺や姫路城などの世界遺産を見学したりすることは、最大の学校行事であり、多くの生徒の記憶に残る授業である。
     「単元は教材単元と経験単元に大別される。教材単元は知識としてのひとまとまりを持つもの、論理的統一性を持った知識中心のものである。経験単元は学習者としての生徒の経験・要求・興味を中心として組織した一連の学習経験である。
     教材単元学習指導過程の原型は、ドイツのヘルバルト学派のラインによる5段階教授法である。5段階教授法による学習過程は
    予備 ②提示 ③比較 ④総括 ⑤応用
    の順序で進められる。
     生活経験単元学習指導過程の原型は、アメリカのデューイによる問題解決学習指導法の5段階である。
    問題場面の発生 
    問題点の明確化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。