R8111哲学概論1 合格 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数47
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テキストを読み進む内に生じる自分なりの疑問、批判を明確に述べよ。
    テキストを中心にまとめ、高校の倫理の教科書も参考にしました。
    ソクラテスの死
     ソクラテス(Σωκράτης Sōkratēs)は、ソフィストの間にあってもソフィストとは違う思想家であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストを読み進む内に生じる自分なりの疑問、批判を明確に述べよ。
    ソクラテスの死
     ソクラテス(Σωκράτης Sōkratēs)は、ソフィストの間にあってもソフィストとは違う思想家であった。人々はソクラテスを理解できず、ソクラテスをソフィストの中で最も有害な人物であると観た。そしてソクラテスは、ポリスの古来からの神を信じないで新しい神を導き入れ、無垢な青年を伝統から踏み外させ堕落させるものとして控訴された。しかし、ソクラテスは自分の判決に不利になるのを知りながら、従来の仕事を辞めることを条件として無罪放免になるよりも、むしろ死を選ぶと主張した。何故だろうか?
     確かにソクラテスは世俗の欲からは離れていた。ソフィストは、生活の場で名誉や富や便宜さを得るために弁論術を教え且つ行使する。これに対し、ソクラテスはその都度毎の効用性を全く度外視して、生活の場では全く無用である問いを問うのである。ソクラテスが損得勘定で動かないことは理解できる。もしもソクラテスが損得勘定で人生を決めるのであれば、悪名高い妻クサンチッペとすぐに離婚していただろう。ソクラテスの人生においても、損得で動いていない。し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。