R0711法律学概論 第二設題 合格 A判定 2016年度対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数60
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医療をめぐる法律問題について。
    テキストを的確にまとめました。
    本論分の構成
     第2設題の留意点について、4つに分けて論述する。引用については、前掲書の形は取らない。
    医師と患者の権利義務関係
    第1節 診療における医師と患者の権利義務関係

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療をめぐる法律問題について。
    本論分の構成
     第2設題の留意点について、4つに分けて論述する。引用については、前掲書の形は取らない。
    医師と患者の権利義務関係
    第1節 診療における医師と患者の権利義務関係
    医師には患者に診療に関する情報を提供し、説明する義務がある。患者は診療に関する情報を受け、医師と相談しながら、治療方針を決める権利がある。
     医師の義務
     医師法等により医師には多数の義務があるため、設題と関連がある部分だけに焦点を当て、記述する。       
    医師法24条、診療録記載および保存義務 。医療過誤訴訟の証拠としても使用される。
     刑法134条、秘密保持義務 。死の問題に関連している臓器移植において、提供者と移植を受けた人間は、お互いを知ることはできない。これは、臓器売買を防ぐためである。
    患者の自己決定権について
    第1節 患者の自己決定権とは
    人に対して何らかの行為を行う際には、その行為についてあらかじめ説明し、相手からその実施について同意を得ていなければならない。医療の領域においては医療行為が人の身体に対する侵襲行為であるだけにいっそう重視される 。
    患者は医療の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。