S0619 生活科教育法 科目最終試験 90点  2016年度対応 6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数565
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    過去問を勉強してから科目最終試験に臨めば、必ず合格できます。一日も早く教員免許を取得されて、教壇に立ってください。
     テキストの要点的確にをまとめたので、暗記していただいて大丈夫です。

    <生活科教育法>
    ①テキストに示された「生活科の単元計画作成についてのポイント(5点)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。
    ②テキストに示された「生活科の年間指導計画作成についてのポイント(4点)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。
    ③テキストに示された「生活科の授業をする観点(5点)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。
    ④テキストに示された「生活科の内容の階層(3階層)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。
    ⑤「生活科の授業づくりについてのポイント(3点)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。
    ⑥「生活科の教科目標の趣旨(5点)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     <生活科教育法>
    ①テキストに示された「生活科の単元計画作成についてのポイント(5点)」を正確に箇条書きで示し、その項目ごとに内容を詳細に説明しなさい。
     生活科の単元計画作成についてのポイントは、「内容」の組み合わせ、学習の対象、発達段階への配慮、学習活動の選択・組み合わせ、評価計画の5点である。
     「内容」の組み合わせ。生活科の学習では身近な社会や自然を対象とすることから、これらを自分とのかかわりのある生活やとして一体的にとらえるという低学年の児童の発達段階においては、複数の内容で単元を構成することが適切な場合がある。複数の内容を組み合わせることにより、児童の学習意欲や気付きの質が高まると考えられるときである。生活科ではこのように内容を組み合わせて児童の実態や地域性を生かした単元計画をつくることができる。複数の内容により単元を構成すれば、ねらいも複数になり、そのための学習活動も多様になり、時数も増加することは避けられない。
     学習の対象。学習の対象を選定する基準の一つに、児童の興味や関心がある。児童はどのようなことに関心を寄せたり、興味を抱いたりしているのか、興味や関心を具体的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。