変身を読んで(up)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数321
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「変身」を読んで
     この物語を読み終えて感じたのは、「あれ? ハッピーエンドで終わるのかな?」というものだった。まるで憎き仇を討った後や何か大きな試練を乗り越えた後の疲労感と爽快感が、物語の最後におけるザムザ家の様子から感じられる。しかしながら、この物語を形作っているものは、ある家族の兄が毒虫に変貌し、終には死んでしまうというものであり、これ自体は紛れもない悲劇である。これを主題として物語を作ろうと思えば、いくらでも悲劇的な話が作れるだろう。科学者が実験の失敗で蝿男になってしまう「ザ・フライ」という映画も、完全に蝿化してしまった男が恋人に自分を銃で撃たせるというラストであり、愛情を絡めて悲劇的に描かれている。この物語においても、家族が涙する中、医者がさじを投げてしまう原因不明の病気でグレゴールが死んでしまうという最後にすることもできたはずである。しかし、そのような主題をそのまま受け取ったような展開にしなかったところがこの話の最大の面白さだと思う。
    この物語を終えることで、グレゴールの父と母と妹は三人とも仕事を持ち、自立しつつも三人で協力し合う良い家庭を築くことができた。これは以前の家庭..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。