プライマーの設計(up)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,209
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    PCRの手順
    まず下記の物質から反応液を調整する。
    鋳型DNA
    PCR buffer
    MgCl2
    オートクレーブ水
    dNTP
    upper PCR primer
    lower PCR primer
    Taq DNA plymerace
    次に以下のステップを繰り返す
    DNAを熱変性させ、一本鎖にする。(92~97℃)
    一本鎖DNAにprimerをアニーリングする。(Tm値より5℃低い温度)
    4種類のdNTPの共存下で、Taq polymeraceにより鋳型から相補的塩基配列を読み取り、二本鎖DNAを複製する。(72℃前後)
    このサイクルを20回ほど繰り返すと220≒106倍になる。
    Primerのデザ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PCRの手順
    まず下記の物質から反応液を調整する。
    鋳型DNA
    PCR buffer
    MgCl2
    オートクレーブ水
    dNTP
    upper PCR primer
    lower PCR primer
    Taq DNA plymerace
    次に以下のステップを繰り返す
    DNAを熱変性させ、一本鎖にする。(92~97℃)
    一本鎖DNAにprimerをアニーリングする。(Tm値より5℃低い温度)
    4種類のdNTPの共存下で、Taq polymeraceにより鋳型から相補的塩基配列を読み取り、二本鎖DNAを複製する。(72℃前後)
    このサイクルを20回ほど繰り返すと220≒106倍になる。
    Primerのデザ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。