MMT

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数785
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    MMT

    資料紹介

    徒手筋力テストに載っている筋の付着などをまとめたもの。

    重要な部分は赤字で表記してある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外肋間筋
    起始:第1から第11肋骨(下縁と肋骨結節)
    起始:上位肋横突靭帯
    停止:第2から第12肋骨(下の肋骨の上縁)
    停止:腱膜様の外肋間膜
    停止:胸骨(腱膜を介し)
    作用:①呼吸の筋は腹部の筋と胸部の筋の間で横隔膜を吸気の主要筋とし、肺活量の2/3にあたる働きをしながら
    作用:きわめてよく協調して呼吸を営む。外肋間筋は呼気より吸気に強く働くが、内肋間筋と強く共同して働き、
    作用:胸壁を固くし、横隔膜が下がる間、逆説的運動が起こることを防ぐ。
    作用:②吸気時における肋骨の挙上。
    作用:③呼気時における肋骨の牽き下げ(支持するデータは乏しい)
    作用:④胸椎の反対側への回旋
    作用:⑤胸郭の固定
    神経支配:T1-T11肋間神経(前枝)
    神経支配:これらの神経は肋間腔の順序に従って名前が付けられている。たとえば、第5肋間神経は第5肋骨と第6肋骨の
    神経支配:間の第5肋間腔にある筋に支配を与えている。
    内肋間筋
    起始:第1肋骨から第11肋骨(内面の縁、より下方かつ脊椎の方に向かう)
    起始:同じ肋骨の肋軟骨
    起始:胸骨(前面)
    起始:下の肋骨の上縁と肋軟骨
    起始:内肋間膜(腱膜)
    停止:第2肋..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。