記憶障害に対するアプローチで健常者の短期記憶を向上させることはできるか

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数729
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    記憶障害に対する治療方法についての研究

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「記憶障害に対するアプローチで健常者の短期記憶を向上させることはできるか」
    1.研究課題
    記憶障害が起こる疾患におけるリハビリテーションで健常者の記憶力に変化はあるか。
    2.研究の背景と目的
    記憶障害に対するリハビリテーションは種々あるが、我々健常者でその効果がでなければ患者に対してもでないと考える。
    3.研究の重要性
    新しい記憶を獲得するための患者の能力を判定するには、全体の記憶系の統合を必要とする。すなわち最初の感覚入力の認識と記録、その情報の保持と貯蔵、および貯蔵された情報の想起ないしは再生である。これらの段階のどこで妨害されても、臨床的関連のある新たな学習能力は障害される。特に記憶障害で問題になるのは、保持あるいは再生の段階である。
    そのため、保持・再生で重要となる「即時記憶」に対するリハビリテーションの効果について調査する。
    4.研究目標
    記憶障害に対する検査法を健常者へ実施していくことで、どのように変化していくかを調査していきたい。
    5.検証する仮説、または調査したい質問
    トレーニングすることで短期記憶は向上することができる。
    6.文献より
    記憶の種類は、貯蔵時間の長さによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。