消化器

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数370
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    消化器嚥下消化

    代表キーワード

    消化器

    資料紹介

    消化器、嚥下反射などの概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <消化>
    1.嚥下運動
     ①先行期 → 認知期(何をどのくらい食べるのか)
     ②準備期 → 咀嚼運動 …・食塊を飲み込みやすい大きさにする。
                  ・唾液の分泌促進
                  ・初期相 →随意運動
                  ・後期相 →無意識的な反射運動
    (開口反射、閉口反射、下顎張反射が関与する。)
      【咀嚼筋】外側翼突筋、内側翼突筋、側頭筋、咬筋
    【唾液の作用】①口腔諸組織の保護(湿潤、滑剤作用)
             ②味覚誘起
             ③咀嚼、嚥下、発音の補助
             ④体液平衡の維持
             ⑤排泄作用(薬物など)
     ③口腔期 → 嚥下第1期(口腔から咽頭)
               ・随意運動である。舌の運動が主体となる。(舌筋は横紋筋である)   
               ・軟口蓋の引き上げをおこなう。
               ・三叉神経、舌下神経支配。
      【構造】上壁:前方部は硬口蓋、後方部は軟口蓋
          舌 :背部は舌乳頭、舌根部は舌扁桃、下面は舌根部・舌下小丘・舌下ヒゲ
             舌小帯・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。