《反張膝》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,040
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    反張膝についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    反張膝(genu recurvatum)
    p.172~176
    病態:膝が過伸展して後方凸の変形を来したもの。軽度の反張は関節の弛緩性が大きい正常膝でも見られる。
    原因:①くる病などの骨疾患で大腿骨下端もしくは脛骨上端の骨端軟骨の前方部分の成長が障害された場合、後方部分の成長によって反張を生じる。
    ②脳性麻痺などの痙性麻痺
    ③ポリオなどの弛緩性麻痺
    ④先天性のもの
    ⑤慢性関節リウマチ
    症状:臨床症状として先天性反張膝は、軽度でほとんど障害のないことが多いが、膝亜脱臼やLarsen症候群に伴うものでは反張が高度で治療対象となる。
    外傷による反張膝は、大腿骨もしくは脛骨前方の骨端線が損傷を受けて成長障害に陥ることで生じるが、こうした骨端線の局所的な成長障害は骨髄炎や骨関節結核でも見られることがある。静力学的反張膝は、長期間仰臥位をとった小児などでベッド上で膝過伸展位をとり続けたためにおこる。
    合併症:原因で挙げたような基礎疾患のある場合は、発育期の内・外反変形、内・外捻などの捻転症、さらにこれらの変形のいくつかが合併し、より複雑な形態を呈する場合も少なくない。
    治療方法:
    〔装具療法〕
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。