《骨肉腫osteosarcoma》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数169
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    骨肉腫についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    骨肉腫 osteosarcoma    p308~313  
    〔病態〕
    骨組織に原発し、腫瘍細胞が直接、類骨や幼若骨を形成する能力を有する悪性腫瘍。原発性悪性腫瘍の中で最も頻度が高い。人口10万人に0.3人の発生率といわれている。
     発生: 3:2で男性に多い。
    好発年齢は10歳代。特に、15歳から19歳までに多く発生する。
       
    発生部位: 大腿骨遠位(50%)、脛骨近位、上腕骨近位の順に多く、全体の75%を占める。長管骨では、骨幹端部に好発する。
          その他に、腓骨頭部、大腿骨中枢側、骨盤、脊柱に起こる。
    手関節、足関節より末梢側発はまれである。      
         
    〔症状〕
    初発症状:疼痛  (運動時痛)
    進行とともに、自発痛、局所の熱感、腫脹、隣接関節の関節可動域制限、下肢に発症→跛行
    血清アルカリホスファターゼ、乳酸脱水素酵素が高値
    (肺への転移を考慮しなければならない。)
    〔検査項目〕
    * 画像検査 
    ・x線
    →肺転移がある場合には、胸部x線
    ・CT
    ・MRI〔T1強調画像。T2強調画像〕
    ・血管造影
    ・骨シンチグラフィー
    * 血液生化学的検査
    →血清アルカリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。