《脳腫瘍》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数312
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    脳腫瘍についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『脳腫瘍 brain tumors』     病理学 179~180              
                             著作者  
    ≪入院目的≫
    ①原因疾患の確定
    ②腫瘍の種類の検索
    ③手術適応の検討
    ④放射線療法、化学療法の適応
    ⑤術後療法(抗痙攣薬)
    ⑥生活指導(術後フォローアップ、再発の早期発見、障害の受け入れ、リハビリテーション) 
    ≪入院後に予測される変化≫
    ①痙攣発作:腫瘍の部位によって痙攣発作を起こしやすい。
    ②症状悪化:腫瘍内出血により症状(麻痺、意識障害)が急激に悪化する。
    ③転倒による負傷:身体不自由のために転倒して負傷する。
    ④部屋間違い:腫瘍の部位により自分の部屋が分からなくなる。
    ⑤熱傷:知覚障害のために熱傷を生じることがある。
    ≪退院の目標≫
    ①手術侵襲からの回復
    ②再発防止(放射線療法、化学療法)
    ③神経障害の回復
    ④障害をもった生活の受容
    ⑤患者にとって最大のQOLを考慮した生活指導
    §病態、検査項目§
     脳腫瘍とは、頭蓋内の組織から発生する新生物と転移性腫瘍を指す。中枢神経系には組織学的に多くの異なる型の腫瘍が発生する。神経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。