《多発性硬化症》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数237
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    多発性硬化症についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

               多発性硬化症
                                    
    病態
     中枢神経系に,時間的,空間的に多発性の脱髄巣とグリオーシスを形成する原因不明の疾患である.髄鞘は脱髄により,髄鞘を構成するリン脂質phospholipid,糖脂質glycolipid,コレステロールcholesterolなどの脂質は分解されて,トリグリセライドtriglyceride,コレステロールエステルcholesterol esterなどの中性脂肪になる.
     主に15~50歳の若年成人を侵し,臨床的には多彩な症状がみられ,寛解remissionと再燃exacerbationを繰り返し,進行性に悪化する.慢性再燃型chronic relapsing type(Charcot型)は数年から十数年の経過を取り,急性型acute type(Marburg型)は数ヵ月の経過を取る.時に,特に高齢者では慢性進行性に経過することがある(慢性進行型chronic progressive type).
    原因
     発症頻度は欧米では人口10万人に20~60人で北緯40度以北に高頻度に発症する...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。