《パーキンソン症候群》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数23
閲覧数518
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    パーキンソン症候群についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パーキンソン症候群(パーキンソニズム)
                           
    病態
    パーキンソン病は中脳にある黒質メラニン含有細胞(ドーパミンニューロン)の退行変性による脱落、変性である。組織学的には変性および残存した細胞内にレヴィー小体という封入体を認める原因不明の疾患である。
    一方脳血管障害や一酸化炭素中毒をはじめ、種々の原因でパーキンソンに類似した症候を呈する症候群がある為、無動・固縮・振戦・姿勢反射障害のなかで2つ以上の症状を主症状とする疾患をパーキンソンニズムまたは、パーキンソン症候群と呼んでいる。     また黒質以外の大脳基底核の変性に起こすいくつかの症候群がある。変性がおこる基底核の部分によって神経症状が異なるが、これらを錐体外路症状と称す。以下の表1に分類を示す。 
    Ⅰ:特発性パーキンソニズム
    A パーキンソン病 
    病態と原因:
    パーキンソン病は特発性のパーキンソニズムに位置付けられている。パーキンソン病は中脳の黒質の変性によってドパミンが減少し、黒質線条体ニューロンを経て被核、尾状核に流入するはずのドパミンが欠乏し、固縮、無動、静止時振戦、姿勢反射障害の4..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。