《Charcot-Marie-Tooth病》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数211
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    シャルコー・マリー・トゥース病についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ―Charcot-Marie-Tooth病―                  
    <病態>
      遺伝子の異常により末梢神経が変性、脱落し障害され下肢の運動障害、筋萎縮が起こ
     る。自覚的な感覚障害はなく、進行は緩やかである。
    <原因>
      主に常染色体優性遺伝の形式をとる。末梢神経が繰り返し障害された場合に、神経線維の周りを取り巻いているschwann細胞が異常に増殖を起こすことがある。この病気は神経の軸索だけが変性するのではなく、脱髄が始めにおこると考えられている。Schwann細胞が変性・脱落・再生を繰り返すうちに、次第に軸索が崩壊していき、末梢神経障害が出現してくる。
     がある。
    <症状>
      基本的に運動障害優位のニューロパチーなので、運動、特に歩行が障害される。足か
     ら下腿、大腿の下1/3へと、遠位側から近位側へ、徐々に末梢神経障害が進み、それに
     伴って筋萎縮が生じる。発症の初期に足の変形(凹足、または高アーチ)がみられさら
     に下腿の筋萎縮がみられるようになると下腿は変形を帯び、逆シャンペンボトル型また
     はコウノトリ脚型という呼び方をされる。また、前脛骨筋の筋力低下の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。