《僧帽弁狭窄症》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数146
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    僧帽弁狭窄症についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    僧帽弁狭窄症(mitral stenosis,MS)      内科学p22 製作者: 
    【病態】
     左房から左室への血流障害のため左房圧が上昇し,これに伴い肺静脈と肺毛細管圧も上昇するため肺水腫となりやすい.
    【原因】
     大部分はリウマチ熱の後遺症によるが,既往が明白な症例は約半数で,1:4で女性に多い.
    【症状】
     初期には労作時の呼吸困難であるが,病期の進展に伴い夜間発作性呼吸困難,起座呼吸,血痰などの症状がみられる.さらに心拍出量の低下や右心不全状態になると,チアノーゼや肝腫大に伴う右季肋部の重圧感などが出現し,全身衰弱が強まってくる.
    【検査項目】
     心尖部での聴診で,亢進したⅠ音に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。