《狭心症》

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数225
ダウンロード数4
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    循環器疾患

    代表キーワード

    狭心症循環器疾患

    資料紹介

    狭心症についての概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【狭心症】                
    「病態」
     冠動脈のアテローム硬化による狭窄、または狭窄部の攣縮によって発作的に発症するもので、心筋が一過性に酸素不足(虚血)に陥ったために生じる特有の胸痛ないし胸部不快感(胸心痛)を主症状とする症候群である。
    ・狭心症の分類
    誘因の観点から
    労作狭心症
    安静狭心症
    病状の安定性の観点から
    安定狭心症
    不安定狭心症
    発生機序の観点から
    器質性狭心症
    冠攣縮性狭心症
    冠動脈の狭窄の種類を図1に示す。
    <労作狭心症>
     労作狭心症では、急にした動作、階段や坂道を登った、重いものを持ち上げた、興奮した、怒った、といった行動で発作が起こる。このような動きは脈拍数や血圧を急に上げる原因になり、心筋は血液・酸素をさらに多く必要としますが、血管狭窄により、供給がそれに応じきれないことから血液(酸素)不足になり、発作を起こしてしまう。表2にカナダ心臓血管医学会(CCS)による労作狭心症の重症度分類を示す。
    <安静狭心症> 
     安静狭心症は、労作や興奮では狭心症の症状は現れず、主に夜間や早朝・未明の安静時に発作が現れることが多いようである。いつも、ほぼ一定の時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。