神経原性筋萎縮

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数388
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    神経筋肉筋委縮

    代表キーワード

    神経原性筋萎縮筋委縮

    資料紹介

    神経原性筋萎縮のメカニズムなど、神経原性筋萎縮の概要をまとめたもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     神経原生筋萎縮は脊髄前角細胞や末梢神経運動線維の障害で生じ、外傷などの局所性原因や全身性の系統疾患、例えば筋萎縮性側索硬化症などが原因となる。予後は原因次第であるが短期間のうちに神経再支配が起きれば萎縮は回復する。
     以下にそれぞれの疾患について表にまとめる。
    疾患名
    発症年齢
    変性部位
    症状
    SPMA
    成人期
    脊髄前角の運動神経細胞
    神経原性の筋萎縮
    Werdnig-hoffman disease
    生下時あるいは生直後
    脊髄前角および脳神経運動核
    腱反射の低下
    遅くとも生後6か月以内
    クラーク柱
    舌の線維束性攣縮
     
     
    弛緩性四肢麻痺
    Kugelberg-Welander disease..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。