現代の子どもをとり巻く発達環境について

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数716
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     発達とは、子供が生まれ、死ぬまでの過程における変化を指し、「遺伝」と「環境」の影響を受けて促進される。
     本レポートでは、環境の影響を「家庭環境」と「社会環境」に分けて以下に詳細を述べる。
    1.家庭的環境
     日本の伝統的な家族構成は、祖父母と同居し、兄弟姉妹の多い大家族であった。しかし、高度経済成長期から、核家族化・少子化が進み、一人っ子も少なくない。子どもの少なさは、親子関係をより密接にさせるという傾向を生んでいる。現代は少なく生んで大切に育てるという文化が定着しており、1人ないし2人の子どもにかける親の期待は以前にもましてずっと大きくなっている。親の過剰な関与は、子どもを過保護にし、子離..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。