アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ。

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数571
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    述べよ。」
    アメリカの医療保険制度は、公的医療保険はあるものの高齢者と障害者と対象にしたものと低所得者を対象としたものしかなく、多くの国民は民間の保険に加入している。本レポートではそうしたアメリカの医療制度の現状を述べながら、日本の医療改革について考察を深めたい。
    <アメリカの医療保険制度>
    1.医療保険制度の概要
     アメリカの医療保険制度は、公的保険と民間の保険会社が提供する保険の混合である。障プランであり、高齢者及び障害者を対象にした「メディケア」と低所得者を対象にした「メディケイド」がある。その他の国民一般は主に民間の営利・非営利保険者の医療保障プランに加入する。勤務先の会社が雇用者の保険の一部を負担する民間被用者保険と、自営業や自由業、勤務先が保険に加入していない雇用者などが個人で加入する民間保険があり、主な民間医療保障プランは出来高払型(free for Service)と管理医療型(Managed Care)に分けることができる。
    2.管理医療型プランが導入された背景
     1965年にメディケアが制度化したが、これには高齢者社会に向けて過剰医療や医療費の増加を抑える仕組みがなく、貧困者層の増加と相成ってメディケイドと共に医療費の公費を急速に圧迫した。また、医学と医療技術の進歩に伴って、高性能な医療機器の導入・新薬・新しい技術を持つ医療従事者の増加が起こり、医療コストは高くなっていった。このため、過剰医療などを監視し医療費を抑制する試みとして導入されたのがHMOを中心とする管理医療型プランである。
    3.管理医療型プランの種類
    れる。
    ⅰ)出来高払型(FFS)
    できるが、保険料が高くほかのタイプよりも自己負担分が高い場合が多い。
    ⅱ)管理型保険(Managed Care)
     予め保険加入者と保険者と医師の間で医療や介護サービスの提供とその費用の負担について取り決めておくプランであり、保険者には非営利の健康保険法人と営利の保険会社がある。
     医療保障プランには数種類のタイプがあるが、それぞれのプランは医療の方法・質・コストを管理する仕組みであり、保険加入者の代わりに医師たちと交渉する。
    これらの護サービスを提供する。よって、プランのネットワーク外の医師を利用する場合は自己負担額が大きくなる。
    以下、管理医療型プランを担う機関について述べる。
    ①健康維持法人:HMO
     マネージドケアの中で最も一般的なもので、600以上の団体があり、保険加入者は月額保険料をHMOに支払う。被保険者である患者自身は個々の診察にあたって特に自己負担しないことが多いか、あるいは僅かな一定額を支払う。原則としてプランの目的は過剰医療による治療費の抑制であり、そのため予防医療や健康改善プログラムに対する支払いが充実している。
    医療内容は予めメニュー化されており、コスト削減のために医師の治療法・検査・薬を監視しコントロールを行い、医師がコストを抑えた場合にはインセンティブを行う。加入したHMOに所属する医師にしかかかることができず、ネットワーク内からファミリードクターを選び、専門医にかかる場合にはこのファミリードクターの紹介とプランの承認を必要とする。
    ②選択プロバイダー法人:PPO
     医師や病院などの医療サービス供給者主導で創設されたプランで全米に組織化されており、出来高払型と同じで医療機関の選択・変更が自由であるが、ネットワーク内の医師を選ぶと割安である。また、治療法・処方薬等、HMOに比べて選択幅が広い。PPOへの医療還付等の請求書は自分で作成・送付するなど手間が多い

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    述べよ。」
    アメリカの医療保険制度は、公的医療保険はあるものの高齢者と障害者と対象にしたものと低所得者を対象としたものしかなく、多くの国民は民間の保険に加入している。本レポートではそうしたアメリカの医療制度の現状を述べながら、日本の医療改革について考察を深めたい。
    <アメリカの医療保険制度>
    1.医療保険制度の概要
     アメリカの医療保険制度は、公的保険と民間の保険会社が提供する保険の混合である。障プランであり、高齢者及び障害者を対象にした「メディケア」と低所得者を対象にした「メディケイド」がある。その他の国民一般は主に民間の営利・非営利保険者の医療保障プランに加入する。勤務先の会社が雇用者の保険の一部を負担する民間被用者保険と、自営業や自由業、勤務先が保険に加入していない雇用者などが個人で加入する民間保険があり、主な民間医療保障プランは出来高払型(free for Service)と管理医療型(Managed Care)に分けることができる。
    2.管理医療型プランが導入された背景
     1965年にメディケアが制度化したが、これには高齢者社会に向けて過剰医療や医療費の増加を抑える仕組みがな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。