社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,018
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。」
    1.社会調査の歴史
    を伴いつつ、調査というものが本格化してくるのは、概ね18世紀半ばの産業革命期以降である。
    2.社会福祉調査とその基本的性格
    ⑴社会福祉調査とは
     社会福祉調査は、社会調査の1領域であり、その方法論および手続きは、社会調査に準じている。また、て、社会福祉調査とは、社会福祉に関わる特定領域における社会事象を対象とした社会調査であるといえる。
    ⑵社会福祉調査の基本的性格
     社会福祉調査は、人々のより良い生活及び福祉の向上に貢献しようという価値意識が存在している。そこに特徴があり、あえて「社会福祉調査」と呼んで「社会調査」と区別している。この点が基本的性格の第一である。
     基本的性格の第二として、社会福祉調査が社会福祉援助技術の間接的援助技術の1つとして位置づけられている点である。
    3.社会福祉調査の類型と相違
    収集するデータの性質による分類
    統計調査(量的データを収集)
     統計調査は、対象の個別の多様な特性や少数の例外的な存在により見えにくかった点を、一定の基準により相対化・抽象化・定量化することで個を集団としてまとめあげ、集団全体の大まかな傾向により把握できるようにする調査技法である。
    ②事例調査(質的データを収集)
    家族、社会集団、地域社会、社会制度など、ごく限られた少数の対象を選んで、その全生活過程、あるいはある側面ないし要素の相互関連及び連続関係の全体状況を主観的・洞察的に把握し、その分析と比較から普遍的原理を形成しようとする調査である。
    ⑵統計調査と事例調査の相違
     統計調査と事例調査は前述したとおり、社会調査の一調査技術であるが、それらにどのような違いがあるのか、以下に詳述する。
    ①扱うデータからみた相違
    、数量的に表された資料を量的データとして収集するのに対し、事例調査は、数量的に表せない資料を質的データとして収集する。
    ②対象(範囲)からみた相違
     統計調査は、大量の対象を量的に、また、調査の全範囲において行うのに対し、事例調査は、少数の特定の対象を詳しく質的に高く集約的に扱う。
    ③対象の選定からみた相違
     統計調査も事例調査も一部調査が用いられるが、統計調査は、客観的な手続きによって選定される(標本調査)のに対し、事例調査は、調査者が適当だと判断した対象を主観的に選定する(典型調査)。
    ④資料収集方法の特徴からみた相違
     統計調査は、標準化された手法で測定できる資料を収集し、その整理・分析を行うのに対し、事例調査は、いろいろな手法でどこからでも資料を収集し、その結果を整理し分析する。
    ⑤対象比較の仕方からみた相違
     統計調査が静態的・横断的に把握するのに対し、事例調査では、動態的・縦断的に把握する。
    ⑥分析方法からみた相違
     統計調査は、客観的計量化と分析を通じて普遍的認識をめざすのに対し、事例調査は、主観的・洞察的に対象者の個別的な認識をめざし、あるいは個別に認識を行う。
    ⑶調査対象範囲による分類
    ①全数調査と統計調査(統計調査で使用)
     全数調査とは、調査の対象とされた単位を残らず調べる方法であるが、時間、費用、調査員の人数などの問題があり、あまり行われていない。その例として、5年に1度実施される国勢調査が代表例である。
     これに対して、標本調査とは、対象集団の中から、全体的特性を代表していると推定される一部を抜き出して行う調査のことであり、現在行われている統計調査の大半がこの標本調査である。調査対象者の選択は、単純無作為抽

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。」
    1.社会調査の歴史
    を伴いつつ、調査というものが本格化してくるのは、概ね18世紀半ばの産業革命期以降である。
    2.社会福祉調査とその基本的性格
    ⑴社会福祉調査とは
     社会福祉調査は、社会調査の1領域であり、その方法論および手続きは、社会調査に準じている。また、て、社会福祉調査とは、社会福祉に関わる特定領域における社会事象を対象とした社会調査であるといえる。
    ⑵社会福祉調査の基本的性格
     社会福祉調査は、人々のより良い生活及び福祉の向上に貢献しようという価値意識が存在している。そこに特徴があり、あえて「社会福祉調査」と呼んで「社会調査」と区別している。この点が基本的性格の第一である。
     基本的性格の第二として、社会福祉調査が社会福祉援助技術の間接的援助技術の1つとして位置づけられている点である。
    3.社会福祉調査の類型と相違
    収集するデータの性質による分類
    統計調査(量的データを収集)
     統計調査は、対象の個別の多様な特性や少数の例外的な存在により見えにくかった点を、一定の基準により相対化・抽象化・定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。