福祉国家の思想と原理について述べよ。

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,974
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    〈福祉国家の理念〉
     福祉国家とは、国民に対する人権の擁護と生活の安定及び恒久平和を重視するため、福祉の向上を重要な国策の1つとして掲げ、完全雇用と社会保障、社会福祉などの政策を実現させる国家または一般に社会保障を中心とする福祉政策と完全雇用に政府が社会的に責任をもつような混合経済体制を福祉国家と呼ぶ。本レポートでは、イギリスと日本の社会福祉について述べたい。
    〈イギリスの社会保障〉
     イギリスに社会保障が創設されるのは、ドイツに倣って「国民保険法」が制定される1911年のことである。その後、第一次世界大戦後の恐慌と社会不安の中で、社会保障への転換が図られるようになる。こうした動きを決定づけたのが、第二次大戦中に出された「ベヴァリッジ報告」(社会保険及び関連サービス)である。この報告書によって、戦後のイギリスの社会保障制度の青写真が示され、イギリス型福祉国家の基本路線が確立された。ベヴァリッジ報告が提出された背景として①窮乏、②怠惰、③疾病、④無知、⑤不潔の5つの問題があり、ベヴァリッジはこの問題を、国民生活に不幸をもたらす「5巨人悪」であると指摘した。
     この報告では、児童手当制、包括的な保健・医療およびリハビリテーション制度、完全雇用を前提に、ナショナル・ミニマム(国民最低限)の保障を目指して、①均一拠出・均一給付の原則による強制社会保険、②それを補う国民扶助(公的扶助)、③行政責任の一元化、また、この報告の枠外ではあるが、④医療・保健サービスの給付については無差別無料の広範な制度を実施することがあげられた。
     イギリスでは第2次世界大戦後、この報告書をふまえて、1945年の家族手当法、国民(産業災害)保険法、1946年の国民保険法、国民保健サービス法、1948年国民扶助法、児童法などの諸立法を制定し、いわゆる「ゆりかごから墓場まで」という言葉に代表される社会保障制度体制の体系化がなされた。また、これらを通してイギリスでは国家による国民生活の保障(ナショナル・ミニマム)を国民の権利として認める「福祉国家」体制を確立し、社会事業は社会福祉へと展開していったのである。
    〈福祉国家の危機〉
     1950年、朝鮮戦争勃発による再軍備はイギリス経済を圧迫し、その負担は社会保障制度に転嫁された。国民保険費削減と利用者負担が導入され無料医療の原則が破れ、「大砲かバターか」の標語が生まれた。その後、
    1966年には、失業と疾病の短期給付について報酬比例制を導入する「国家保険法改正」が成立し、ついにベヴァリッジの均一拠出、均一給付の原則が崩れ、イギリスの社会保障制度が大きく後退することになった。さらに、1970年代の2度にわたるオイルショックで、世界各国の経済成長にブレーキがかかるとともに、各福祉国家は財政収入の減少に直面することとなった。そして、新自由主義者たちから高負担・高福祉型の福祉国家体制こそが財政危機の根源であり、しかも官僚的、中央集権的に提供される福祉サービスは非効率、抵抗かであること、これを市場セクター等多様な福祉供給システムに委ね、国家は、いわゆる「小さな政府」を目指すべきだとの批判を一斉に浴びせられることとなった。1980年代に入ると、イギリスのサッチャー政権、アメリカのレーガン政権に代表される福祉国家体制を否定する政権が登場、福祉予算削減、福祉の市場化などの政策を推進していった。しかし、これらの政府は、福祉の面では「小さな政府」を追及しながらも軍事費は増大させ、国家財政総体では、「大きな政府」を志向す

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    〈福祉国家の理念〉
     福祉国家とは、国民に対する人権の擁護と生活の安定及び恒久平和を重視するため、福祉の向上を重要な国策の1つとして掲げ、完全雇用と社会保障、社会福祉などの政策を実現させる国家または一般に社会保障を中心とする福祉政策と完全雇用に政府が社会的に責任をもつような混合経済体制を福祉国家と呼ぶ。本レポートでは、イギリスと日本の社会福祉について述べたい。
    〈イギリスの社会保障〉
     イギリスに社会保障が創設されるのは、ドイツに倣って「国民保険法」が制定される1911年のことである。その後、第一次世界大戦後の恐慌と社会不安の中で、社会保障への転換が図られるようになる。こうした動きを決定づけたのが、第二次大戦中に出された「ベヴァリッジ報告」(社会保険及び関連サービス)である。この報告書によって、戦後のイギリスの社会保障制度の青写真が示され、イギリス型福祉国家の基本路線が確立された。ベヴァリッジ報告が提出された背景として①窮乏、②怠惰、③疾病、④無知、⑤不潔の5つの問題があり、ベヴァリッジはこの問題を、国民生活に不幸をもたらす「5巨人悪」であると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。