個別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数750
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について述べよ。」
     社会福祉援助技術は、一般的にはソーシャルワークと呼ばれているものを意味しているが、厳密に考えると必ずしも同義語というわけではない。ソーシャルワークは、時代によって「社会事業」「専門社会事業」等と称された経緯もあり、ソーシャルワーカーと呼ばれる社会福祉専門職の行う実践をさしていたり、実践を構成する専門知識や専門技術に限定した使い方をしたりするなど、実際は確定しにくい。
    ークといえば、対人援助福祉サービスを行う社会福祉専門職の支援活動、もしくは実践そのものをさしている場合が多い。本レポートでは、社会福祉援助技術の1つである個別援助技術(ソーシャル・ケースワーク)について詳細を述べる。
    1.個別援助技術の定義
     個別援助技術は、ケースワークと呼ばれることが多いが、正確にはソーシャル・ケースワークという。ソーシャル・ケースワークは、主に「面接」という方法を用いて、問題に直面している「クライエント」活の維持・向上」を目標とする一連の援助活動であるということができる。
    2.個別援助技術の歴史的背景
    は、19世紀のイギリスで誕生した慈善組織..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。