日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について述べよ

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数369
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について述べよ。」
    〈日本の教育制度について〉
     日本の教育は暗記力や記憶力を重視しているのが現状である。事実、私が中学生だった頃は、教科書の内容をどれだけ覚えることができたのかを評価するためだけに定期試験が行われていた。つまり、丸暗記の得意な者がよい成績をとり、覚えることが苦手な者は悪い成績しかもらえないのである。そのため、暗記が得意ではない私はいつも学年で中間の成績だった。
     高校入試でも、中学3年生のときの内申点と、どれだけ教科書に書かれている単語を覚え、入試当日にその覚えたことがどれだけ書けるかで合否が決まるといっても過言ではない。面接も一応行われるものの形ばかりであり、実際は記憶力や暗記力が重視されている。つまり、受験者一人ひとりの思考力や問題解決能力は完全に無視されているのである。
     高校に入ってからも記憶力重視という体制に変わりはなかった。授業は、教師が1人で勝手に喋り、生徒は教師が板書したことや話したことをノートに書き写すだけであった。生徒が頭を使って考えるのは、数学の問題を解くときだけであり、あとは頭を使っているとは到底言えない時間がただ単に過ぎていく。テストは中学時代と同様に、「教科書や問題集に書いてあることをどれだけ沢山覚えられたか」をみるだけのものだった。
    私が高校時代一番驚いたことは、大学の推薦入試が受けられるように3年生の1学期に出される仮評価をかなり甘くつけているということだ。私の通っていた高校は、県内外の私立大学に推薦で入る生徒の方が一般入試で入る生徒によりも多い。そのため、学校長推薦を多く出せば、高校の進学率がよくなり、受験生の保護者が高校に持っている印象がよくなる。つまり、学校の利益のために生徒の成績評価を甘くして学校長推薦を数多く出しているのだ。
    生徒をよい大学に入れようと考えるのは、何も学校や保護者に限ったことではない。日本には、「入試が難しい有名大学を卒業すれば、有名な企業に就職したり文部科学省などの官僚になれ、定年まで安定した生活を送ることができる」という社会的な風潮がある。つまり、社会全体が高校生をよい大学に入れようとしているのである。しかし、日本でよい大学と言われている大学を卒業したとしても、これからの激しい競争社会で生き残っていけるとは限らない。反対に、専門学校や三流大学と言われている大学を卒業した学生が、これからの激しい競争社会を生き抜いていく可能性は十分にある。つまり、大事なのは大学の名前ではなく、いかに自分の考えを発表したり、問題を自ら発見し解決する能力を養うことができるかであって、日本の暗記教育では、この能力を養うことは不可能だと私は考える。
     私が東京福祉大学に入学してまず驚いたことは、誰かが発言をしたら学生と教師が拍手をすることである。これは、高校時代にはなかったことであり、人前で話すことが苦手な私に自身を持たせてくれた。
    〈アメリカの教育制度について〉
     アメリカの教育では日本と違い、暗記や記憶はほとんど重視されない。代わりに重視されるのは、与えられたテーマを分析し、理解し、把握し、思考し、他の学生とは異なる論理的で独創的な解答を導き出すことである。
     このことをアメリカの大学入試制度を例に考えてみたい。一般的にアメリカの州立大学や市立大学は、「入学はやさしく、卒業は難しい」と言われている。入学者選抜は進学適性試験、高校の成績、推薦書、面接などに基づいて各大学で行われる。日本と違うのは高校の成績や入試当日の成績が重視されるのではなく、今ま

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について述べよ。」
    〈日本の教育制度について〉
     日本の教育は暗記力や記憶力を重視しているのが現状である。事実、私が中学生だった頃は、教科書の内容をどれだけ覚えることができたのかを評価するためだけに定期試験が行われていた。つまり、丸暗記の得意な者がよい成績をとり、覚えることが苦手な者は悪い成績しかもらえないのである。そのため、暗記が得意ではない私はいつも学年で中間の成績だった。
     高校入試でも、中学3年生のときの内申点と、どれだけ教科書に書かれている単語を覚え、入試当日にその覚えたことがどれだけ書けるかで合否が決まるといっても過言ではない。面接も一応行われるものの形ばかりであり、実際は記憶力や暗記力が重視されている。つまり、受験者一人ひとりの思考力や問題解決能力は完全に無視されているのである。
     高校に入ってからも記憶力重視という体制に変わりはなかった。授業は、教師が1人で勝手に喋り、生徒は教師が板書したことや話したことをノートに書き写すだけであった。生徒が頭を使って考えるのは、数学の問題を解くときだけであり、あとは頭を使っているとは到底言..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。