P6302 米文学史第2設題

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数225
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。
    ロスト・ジェネレーションとはガートルード・スタイン(Gertrude Stein, 1874年2月3日-1946年7月27日)がアーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway, 1899年7月21日 - 1961年7月2日)らを揶揄するために、用いた造語であり、一般的には第一次世界大戦に参加した若者達をさし、戦地での体験からその後の人生において、既成の価値観を拒否し、無気力に生きる様を「ロスト(喪失)」と表現したと考えられている。
    ロスト・ジェネレーションと呼ばれる作家達にとって、何を「ロスト(喪失)」したのであろうか?以下、代表的な作家を紹介していく。
    ロスト・ジェネレーションの最も有名な作家はヘミングウェイである。彼の作品の特徴は簡潔な文体が多く、雄性的で、ハードボイルド文学の原点と評される。そして、作品の中では度々「幸せは長く続かない」様が描かれている。
    例えば、イタリア北部戦線の従軍記者時の体験をもとに創作された「武器よさらば(A Farewell to Arms)192..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。