P6302 米文学史第1設題

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数161
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
    アメリカ文学史において19世紀を代表する作家といえばエドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)とマーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日-1910年4月21日)であろう。歴史浅いアメリカ文学史において両者が与えた影響と業績は偉大である。
    エドガー・アラン・ポーについては作品を小説、詩、評論の3つのジャンルに分類し、マーク・トウェインにおいては、代表作を紹介しながら、彼らの残した足跡を辿りたい。
    エドガー・アラン・ポーは19世紀前半に活動した作家である。波乱万丈な生き方と言動をそのまま作品に投影したかのように、彼の作品の多くは怪奇で奇異ともいえるほど独特な世界観を持つ。ボーの作品は世界中で愛されており、特にアメリカ文学を初めて世界に認めさせた第一人者としての功績は今も揺るがない。ここ日本においても彼の名声は今でも広く響き渡り、多くの作品が愛されている。
    まずは彼の小説について述べる。彼の小説でまず浮かぶものは「盗まれた手紙(The Purlo..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。