P6301 英文学史第2設題

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。』
    1.時代背景
    19世紀より30年の間にロマン派運動の主な詩人は亡くなり、唯一生存していたワーズワースも既に活動の影響力を持たず、運動は収束へと向かう。代わりに新時代を切り開くかのようにヴィクトリア女王ヴィクトリア(Alexandrina Victoria Wettin, 1819年5月24日 - 1901年1月22日)が1837年、18歳の若さで即位する。この、若さ、体力、気力を兼ねた若き女王の統治は64年間に及び、イギリスではエリザベス一世と並ぶほどの長き統治となる。この間、イギリスでは安定した秩序を保ちながら国力は発展していく。女王は教養もあり家庭を大切にし、信仰深く、イギリス国民から熱狂的な支持を受け、1850年ごろには国民みずからが「ヴィクトリア」と称するほどになる。
    その反面で、政治的には数々の問題を抱えていく。1840年に興った飢饉により、労働者階級の生活は困窮し、労働者階級の政治参加への意欲が高まり、労働者階級の政治的発言力を高めようとするチャーチズムと結びつき、成人男性普通選挙第6カ条を盛り込..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。