理科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数392
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ。』
    生物は他の様々な生物と関係しあって生きている。そして、まわりの条件、環境に適応できるものが生き残り、適応できないものは死に絶える。こうして、環境は生き物に影響を与えるが、これを環境反作用という。逆に生物から環境に働きかけ、環境を変えもする。これを環境形成作用という。
    生物どうし、生物と環境、これらが関係しあう一つの系を生態系という。この生態系は、互いに影響しあって、時間とともに変化していく。
    生物により、適応できる環境、生きていくうえで必要な環境は異なる。では、どのような環境要因があるかをみていく。
    ①温度要因
    生物の生理作用は、温度に大きく左右される。生理作用は生物の最適温度を中心によく働き、最適温度よりも高く、または低くなればその作用は小さくなる。よって、生物の活動時間や期間は、その地域の気候や温度の変化で決定されている。
    ②光要因
    生態系において緑色植物が行う光合成は、様々な生物の生存の基となっている。
    光の強さによって光合成量は違ってくるが、どのぐらいの強さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。