教育方法学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数476
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。』
    現代の社会は「情報社会」とも「生涯学習社会」ともいわれ、さまざまな情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会は、これまでのどの社会と比べても格段と広がっている。学ぼうと思えば、通信教育や放送大学、マスコミ・出版などからの情報を媒体とし、いつからでも、どこにいても学ぶことができる。行政も、人々の学習を支援するシステムをととのえてきている。もはや、学校だけが教育の場ではなくなっているのである。
    その一方、近年「教育改革」の名のもと、学校教育はこれまでの仕組みを大きく変えられようとしている。これまでは、全国一律の基準をさだめ、どの地域の学校でも、同じような内容と、同じようなレベルの教育を実施していく仕組みであった。その仕組みを変え、それぞれの地域と学校の意欲を引き出し、特色ある、個性的で創意工夫にみちた教育活動を実施させていく仕組みへと、転換がいまはかられている。
    教育を受ける機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。