理科教育法Ⅱ-(1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数575
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『(1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。』
    ●第1節● 地域の理科教育
    私たちの住む日本の国土は、南北に長い弧状列島である。そのため、北と南で気候が大きく異なる。また、日本海側と太平洋側とでも、気候は異なる。そこに存在する自然、自然現象、動植物の種類は地域により、様々である。
    それにも関わらず、全国どこも同じ教材を使用して理科教育は行われている。その地域にはその地域独特の自然がある。その地域性を生かした理科教育が必要である。
    「地域の自然」を教材化する必要性を、「子どもの自然の認識」「理科教育・環境教育の目的」、この2つの観点から解説していきた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。