教育原論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数391
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』
    ジョン・ロックは紳士教育論を唱えたイギリスの哲学者である。1632年サマセットシャーで生まれ、ウェストミンスター・スクール、オックスフォード大学クライスト・チャーチで学業を修める。医学に関心を持ち、実証主義・経験主義の学問精神を学び取る。そして医師になるが、1683年政争に巻き込まれ、オランダへ亡命しアムステルダムに住む。1688年、英国で名誉革命が起き、四年女王メアリとイングランドへ帰国。「権利章典」の作成に協力する。1704年10月28日死去。
    ロックの紳士教育論は、タブラ・ラサ説(精神白紙説)が根底となっている。タブラ・ラサとは、心の中には生まれながらに刻みつけられた概念や原理などはないという考えのことである。子どもは生まれたときはまだ何の観念も持っておらず、成長するにつれ、教育によってさまざまな観念を獲得するようになる。これは経験主義的な考え方とも言い得る。
    子どもの教育はまず、感覚的訓練から始めるようロックは主張する。感覚を通してさまざまな知識や観念が、われわれの真っ白な心に入る。そして、われわれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。