教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数368
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
    ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーは、スイスの教育実践家である。まず、その教育の考え方に影響を及ぼしたであろう生涯をみていく。
    ペスタロッチーは1746年チューリッヒに生まれた。母と家政婦によって育てられたため、後年教育における女性の重要性を説いたことに影響していると考えられる。ペスタロッチーは、牧師の祖父が貧民救済のために働く姿を見て、祖父と同じく牧師となり救済事業にあたることを生涯の使命と考えた。大学に在籍し神学を学ぶが、貧民救済には法学を学ぶことが重要であると悟る。そして、政治結社を作って政治運動を行なうが、政治事件にかかわり投獄される。出世の道を絶たれたペスタロッチーは、農民となって農業改革による人々の救済を目指し、ミュリゲン村にノイホーフ農場を設立した。そこで貧民学校を設立して、イノホーフに労働力として集められた子どもたちに対し、教育活動を開始する。しかし、この学校もまた成功せず、ノイホーフ農場を閉鎖する。その後、この時の教育実践を新聞紙上で紹介し、世間の好評を得る。また、ペスタロッチーの思想が初めて体系的に述べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。