教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数302
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    広い意味ではカウンセリングは、心理的な悩みを聴き、どう対応するかを考え、最終的にその悩みを解消するように働きかけることである。専門家でなければならないということはなく、日常生活で誰もができるともいえる。
    カウンセリングには、次のような様々な種類がある。
    ①パストラル・カウンセリング 僧侶などが信者や檀家の悩みごとの相談にのる。
    ②キャリア・カウンセリング 職業指導や就職のための指導、ガイダンス。
    ③パラ・カウンセリング 医者以外の医療関係者が各分野で相談にのる。
    ④ピアー・カウンセリング 同僚や友達が仲間の相談にのる。
    ⑤ライン・カウンセリング 先輩と後輩、上司と部下など、縦関係において指導や相談を行う。
    カウンセリングの種類は、その人の持っている悩みの内容によって、どの方法でカウンセリングを行うかが異なってくる。悩みの内容は、大きく分けて次の3つに分類される。
    ①人生において誰しもがもつ悩み 人は人生の節目でいろいろな問題にぶつかり、誰もが悩みをもつ。進路などの悩みに対してはキャリア・カウンセリング、恋愛や結婚の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。