教育心理学試験対策

会員1,728円 | 非会員2,073円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数876
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・発達とは何かを示し、「一般的な原理」とされるものについて説明しなさい。(発達の原理について要約せよ。)
    ・内的動機づけ・外的動機づけの過程を説明し、それぞれの学校教育実践への応用について考察せよ。
    ・青年期の人格特性に影響を与える要因を「関係性の発達」および「人格理論」から考察し、より良い人間性の育成は銅あるべきかを考えよ。
    ・青年期の不適応行動の主なものを説明し、その原因と考えられる諸要因について説明せよ。
    ・社会的学習理論のいう観察学習の過程について、道具的条件付けの学習過程と比較して、その特質が分かるように解説しなさい。
    以上の5つについてまとめました。
    自分用に作成していますので、誤字や微妙な表現についてはご容赦ください。
    皆様の勉強の一助となれば幸いです。


    発達とは何かを示し、「一般的な原理」とされるものについて説明しなさい。(発達の原理について要約せよ。)
    年齢に伴う心身の変化。量的・質的なものがある。量的に見れば量的増大、質的に見れば構造化の過程である。(18世紀子どもが大人と違う興味関心を持つということからスタート)
    発達は成熟と学習の2つの形式に分けて考察される。
    成熟は外的環境に左右されず、生得的内的要因によって展開される過程を言う。主に身長・体重など身体的・生理的変化に表れるが、心理的変化も含めることができる。
    学習はもっぱら外的条

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達とは何かを示し、「一般的な原理」とされるものについて説明しなさい。(発達の原理について要約せよ。)
    年齢に伴う心身の変化。量的・質的なものがある。量的に見れば量的増大、質的に見れば構造化の過程である。(18世紀子どもが大人と違う興味関心を持つということからスタート)
    発達は成熟と学習の2つの形式に分けて考察される。
    成熟は外的環境に左右されず、生得的内的要因によって展開される過程を言う。主に身長・体重など身体的・生理的変化に表れるが、心理的変化も含めることができる。
    学習はもっぱら外的条件によって展開され、経験や練習の結果としてもたらされる行動変容の過程である。 学習はレディネスの上になされないと意味が無い!(子供の心身が発達し、学習する際の基礎条件となる一定の知識・経験・身体などができあがっている状態。)
    発達の原理。
    ①発達は個体と環境との相互作用のうちに進行する。
     出生時に形成された様々な原始反射を備えており、それを発動しながら、外界への適応を果たしていく。その後も形成した構造によって外界と関わるうちに発達していく。
    ②発達は分化と統合の過程である。
     細胞の分化は、分化す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。