学校教育課程論

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数526
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』

    2008年3月の新学習指導要領の内容を踏まえた論文となっております。
    本論が皆様のレポート作成の一助となれば幸いです。

     2008年3月28日に公示され、2011年度の小学校を皮切りに全面実施される新学習指導要領は、教育基本法と学校教育法の改正を反映したものになっている。この中で教育課程を編成するための一般的な基準や方針を以下のように定義している。
    (1)基礎的・基本的な知識・技術の習得
    (2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等
    (3)主体的に学習に取り組む態度を養う、主体的に学習に取り組む態度を養い,個性を生かす教育の充実
    新学習指導要領もこれらの学力観・学習指導観を踏まえた内容になっており、また今回の改訂においては上記の事項を実践しつつ、さらに生徒の発達の段階を考慮して、生徒の言語活動を充実するとともに,家庭との連携を図りながら,生徒の学習習慣が確立するよう配慮しなければならないとしている。学校現場においては、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』
     2008年3月28日に公示され、2011年度の小学校を皮切りに全面実施される新学習指導要領は、教育基本法と学校教育法の改正を反映したものになっている。この中で教育課程を編成するための一般的な基準や方針を以下のように定義している。
    (1)基礎的・基本的な知識・技術の習得
    (2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等
    (3)主体的に学習に取り組む態度を養う、主体的に学習に取り組む態度を養い,個性を生かす教育の充実
    新学習指導要領もこれらの学力観・学習指導観を踏まえた内容になっており、また今回の改訂においては上記の事項を実践しつつ、さらに生徒の発達の段階を考慮して、生徒の言語活動を充実するとともに,家庭との連携を図りながら,生徒の学習習慣が確立するよう配慮しなければならないとしている。学校現場においては、これらの方針を踏まえた適切な教育課程の編成を求められていく。
    教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために,教育の内容を生徒の心身の発達に応じ,授業時数との関連などにつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。