人文地理学 試験対策

会員1,944円 | 非会員2,332円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,919
ダウンロード数103
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人文地理学
    ・現代日本の人口問題について述べ、それは日本が理論的にどのような段階にあることを示しているのか説明せよ。
    ・現代の公共交通について、具体的地域を事例を挙げてその現状を述べ、問題点の要因などを地域の自然・経済・社会などの諸条件から説明せよ。
    ・戦後の国土計画の問題点を、具体的な地域をひとつ取り上げ、その地域に即して述べよ。
    ・環境決定論と環境可能論の違いを説明した上で、環境可能論に内存する問題点を述べよ。
    ・ウェーバーの工業立地論とレッシュの産業立地論の違いを説明し、両社に共通する問題点を述べよ。

    の5つです。1つは特定できませんでした。
    自分用に作成していますので、誤字や表現についてはご容赦ください。
    がんばってください。

    ・現代日本の人口問題について述べ、それは日本が理論的にどのような段階にあることを示しているのか説明せよ。
    人口とは一般的に「一定の時点・一定の地域に住む人間集団」とされ、また社会の生産力・富を基本的に表現している。人口の増減は社会機構の変化と相互に関連している。
    【人口理論】
    ・アダムスミス(国富論)「人口増加は国家の反映を示す」産業革命による生産力上昇が富の蓄積をもたらし人口増加を生み出した。
    ・マルサス(人口論)「食料の生産増加量に対して人口増加量が多すぎる」としアダムを批判。人口増の歯止めのために晩婚を推奨。 米・オーストラリアへの移住で解決したが、現在も、途上国における人口増と食糧難からの貧困問題(南北問題)として続いている。
    ・マルクス(資本論)「機械化により労働者が機械にとって変わられる。資本主義の発展により失業者が生まれ、相対的過剰人口となる。」とし、資本主義の発展は生産力と生産関係の矛盾を拡大するとして、社会主義を説く。
    ・ケインズやハンセン 設備投資の決定は、基本的に科学や技術の進歩、人口の増加としています。設

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人文地理学(すべてテキストの内容に基づき解答すること。)
    ・現代日本の人口問題について述べ、それは日本が理論的にどのような段階にあることを示しているのか説明せよ。
    人口とは一般的に「一定の時点・一定の地域に住む人間集団」とされ、また社会の生産力・富を基本的に表現している。人口の増減は社会機構の変化と相互に関連している。
    【人口理論】
    ・アダムスミス(国富論)「人口増加は国家の反映を示す」産業革命による生産力上昇が富の蓄積をもたらし人口増加を生み出した。
    ・マルサス(人口論)「食料の生産増加量に対して人口増加量が多すぎる」としアダムを批判。人口増の歯止めのために晩婚を推奨。 米・オーストラリアへの移住で解決したが、現在も、途上国における人口増と食糧難からの貧困問題(南北問題)として続いている。
    ・マルクス(資本論)「機械化により労働者が機械にとって変わられる。資本主義の発展により失業者が生まれ、相対的過剰人口となる。」とし、資本主義の発展は生産力と生産関係の矛盾を拡大するとして、社会主義を説く。
    ・ケインズやハンセン 設備投資の決定は、基本的に科学や技術の進歩、人口の増加としています。設..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。