教育社会学 試験対策

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数979
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学  
    ・学力低下の実態についてまとめ、その問題を整理せよ。
    ・日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ。
    ・イギリス・アメリカ・中国からひとつ選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。
    ・国際化した社会に対応した教育とは何かについてまとめ、そのために学校はどのように変わらなければならないのか説明せよ。
    ・いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題でないことについて説明せよ。
    ・いじめ問題の国際比較を通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
    の6つです。
    自分用に作成していますので、誤字や表現についてはご容赦ください。
    がんばってください。

    ・いじめ問題の国際比較を通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
      「日本」被害者・加害者の変化が激しい。誰にでも起こりうる。力があるもの、出すぎてもダメ。共依存関係、グループにいつづけなくてはならない。出たくない。一人になることの不安感。
    外国のいじめは暴力的色彩が強く、わかりやすい⇔日本は陰湿で見えにくい という説がある。以下具体的に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育社会学  いじめの4段構造論 被害者・加害者・観衆・傍観者 後の2つによってエスカレートする。
    ・いじめ問題の国際比較を通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
      「日本」被害者・加害者の変化が激しい。誰にでも起こりうる。力があるもの、出すぎてもダメ。共依存関係、グループにいつづけなくてはならない。出たくない。一人になることの不安感。
    外国のいじめは暴力的色彩が強く、わかりやすい⇔日本は陰湿で見えにくい という説がある。以下具体的に
    「アメリカ」いじめの被害経験は日本と大差ない。いじめの傾向は力在るもの→無いものへ。しかしアメリカの場合は、社会経済的に見た場合に低位な環境で頻発しており、教師や学校が恵まれた条件に無い場合に多く発生するという。そこにはアメリカの抱える人種・民族に対する差別意識や貧困、ドラッグといった社会問題が深く関係している。
    「イギリス」教師が無視する傾向に。いじめによる自殺が多く社会の問題として扱われている(日本と共通)。
    イギリスにおける定義は、身体的もしくは集団的な力の意図的乱用。力あるもの矢印無いものへ(アメリカと共通)。またイギリスにおいて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。