特別活動研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数291
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『中学校(高校)における学級活動の留意事項についてまとめてください。』
    についてのA判定リポートです。
    お世話になっている中学校での体験も内容に含めています。
    皆様のお役に立てれば幸いです。

    情報化が進んだ現代社会においては、生活や考え方の画一化、主体性や個性の喪失に伴う社会性の欠如が問題となっている。その中で、実践を通して人間関係調整力を学ぶことのできる特別活動は、教科教育と合わせ教育の両車輪と言えるほど、重要なものとなっている。
    その特別活動の中の1つである学級活動は、唯一学級単位で行われるという特性を持ち、生徒会活動や学校行事よりも学級担任の指導力が大いに問われることとなる。そのため大前提として担任は学級生徒を理解すること、そして生徒と教師の人間関係をしっかりと構築することが大切となる。中学校・高校では教科担任制のため、学級生徒と触れ合う時間がどうしても少なくなる。したがってあらゆる学校生活の場を通して生徒と向き合う機会を作る工夫をし、生徒との間に信頼関係が築けるような学級作りの基盤を持つことが第1歩なのである。
    以下では学級活動においてメインとなる討議の目標を考察した上で、その目標達成のために必要な留意点をまとめていく。その際、現在私がボランティアとしてお世話になっている学校で感じた内容も含めて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『中学校(高校)における学級活動の留意事項についてまとめてください。』
    情報化が進んだ現代社会においては、生活や考え方の画一化、主体性や個性の喪失に伴う社会性の欠如が問題となっている。その中で、実践を通して人間関係調整力を学ぶことのできる特別活動は、教科教育と合わせ教育の両車輪と言えるほど、重要なものとなっている。
    その特別活動の中の1つである学級活動は、唯一学級単位で行われるという特性を持ち、生徒会活動や学校行事よりも学級担任の指導力が大いに問われることとなる。そのため大前提として担任は学級生徒を理解すること、そして生徒と教師の人間関係をしっかりと構築することが大切となる。中学校・高校では教科担任制のため、学級生徒と触れ合う時間がどうしても少なくなる。したがってあらゆる学校生活の場を通して生徒と向き合う機会を作る工夫をし、生徒との間に信頼関係が築けるような学級作りの基盤を持つことが第1歩なのである。
    以下では学級活動においてメインとなる討議の目標を考察した上で、その目標達成のために必要な留意点をまとめていく。その際、現在私がボランティアとしてお世話になっている学校で感じた内容も含めて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。