情報処理入門 試験対策

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,077
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    情報処理入門の試験対策ノートです。
    本人用に作っているので、誤字や微妙な表現はご容赦ください。
    内容が短いものが多いですが、実際の試験でも表面の半分もかけなくても90点きたので問題ないかと思います。

    6問特定できなかったので、11個いれてあります。


    「アーカイブ・解凍・圧縮の3つのキーワードを用いて、意味が通るよう文章にせよ。」
    アーカイブとは複数のプログラムファイルなどを1つにまとめたファイルのこと。このアーカイブファイルを作るためには圧縮する必要

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「アーカイブ・解凍・圧縮の3つのキーワードを用いて、意味が通るよう文章にせよ。」
    アーカイブとは複数のプログラムファイルなどを1つにまとめたファイルのこと。このアーカイブファイルを作るためには圧縮する必要がある。圧縮のメリットは字の通り容量を小さくできることである。圧縮されたファイルはそのままでは使えないので、解凍というアーカイブ前の状態に戻す処理が必要となる。
    「電子商取引に欠かせないデータの暗号化にはどういう仕組みが使われているか説明せよ」
    これには、公開鍵と秘密鍵の2種類の鍵を使って暗号化する公開鍵暗号方式が主流となっている。暗号化に使う鍵と、複合に使う鍵を分け、片方からは割り出せないようになっている。主に公開鍵は暗号化に、秘密鍵は複合に使う。鍵とはランダムに並んだ英数字や記号の文字列である。
    「データベースシステムの特徴と機能をそれぞれ2つ挙げよ」
    データベースシステムとは、データベースとDBMSをまとめたもののことを言う。
    (特徴)・データのプログラムからの独立性を保つ ・データの共有化を可能にする ・データの一元管理を可能にする。
    (機能)・データベース内のデータを常に正し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。