道徳教育とは何か、その必要性はどこにあるのか。

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,912
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    道徳教育レポート

    代表キーワード

    道徳教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳とは何か、道徳とは、道徳的価値を問うものである。道徳的価値は、善なるものであり、善を喜びとし、善をおこない、悪を憎み、悪を避けるのが道徳の基本である。また、道徳とは、という問いかけは、人間以外についてはなされないものであり、人間らしいよさの意味でもある。道徳性とは、つまるところ人間性にほかならない。道徳教育は、人間らしい人間、まともな人間を育てようとする試みなのである。
     このように、道徳性を人間性と大きくとらえるとき、道徳教育は、私たち人間にとって身近な課題であるとともに、そもそも人間であることの根底に関わる、まことに崇高な課題であると言える。近年、未成年者による凶悪犯罪の増加や学校におけるいじめ、不登校、学級崩壊などの問題行動など、社会が道徳的に荒廃し混乱している。未来を担う子どもへの道徳教育の必要性は誰しもが感じていることだと言える。
     これからの道徳教育は、家庭、学校、地域社会が積極的に連携し、相互に補完していくことが求められるであろう。そして、その中で親や教師は子どもとの対話的関係を充実させていくことが重要である。
     次に昨今の中高生についての生き方について考察するが、一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。