英米文学概論② 『アメリカにおけるピューリタン文学の特色…』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数730
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい。』
    アメリカ文学において、北米大陸の大自然と共に、理想主義を掲げたピューリタニズムの影響は核心的といえる。では、イギリス文学と異なり伝統を持たなかったアメリカ合衆国におけるピューリタン文学の特色とは何であろうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい。』
    アメリカ文学において、北米大陸の大自然と共に、理想主義を掲げたピューリタニズムの影響は核心的といえる。では、イギリス文学と異なり伝統を持たなかったアメリカ合衆国におけるピューリタン文学の特色とは何であろうか。
    まずピューリタンとは、イギリス国教会(キリスト教)の改革を唱えたプロテスタントのグループであり、市民革命の担い手となった清教徒とも呼ばれる。その教義をピューリタニズムと呼び、それを伝える、または影響を受けた文学をピューリタン文学と称する。
    アメリカ文学とイギリス文学には、大きな相違点がある。それは先に触れたように、アメリカ文学には伝統が存在しないことである。ピューリタニズムの理想主義と大自然の影響を受けたのみである。アメリカ文学とは、アメリカ人によってアメリカ語で書かれ、そしてアメリカを描いた作品群である。起源をたどると、17世紀初めにイギリス人が植民地開拓の際に、植民地文学として始まったものと理解できる。17世紀にはピューリタニズムが社会全体に大きな影響を及ぼしていたものの、参政権を協会員から一般市民に開放したことで社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。