英米文学概論①『18世紀において、イギリスが他国に…』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数490
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『18世紀において、イギリスが他国に先駆けて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ。』
    小説は、18世紀のイギリスにおいて急速に成長した文学である。その大きな要因の一つとして、イギリスの風土が挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀において、イギリスが他国に先駆けて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ。』
    小説は、18世紀のイギリスにおいて急速に成長した文学である。その大きな要因の一つとして、イギリスの風土が挙げられる。イギリスは高緯度に存在し、メキシコ湾流と偏西風の影響で、同緯度の他地域に比べて緩やかな気候を持っている。この緩やかな地域に多くの人々が流入し、文化様式や生活様式が交流し、新たな文化を成立させた。その一方、古い文化様式を保つ地域もあった。また、日本と同様に島国である。しかしながら、孤立はせず、他国からの文化・技術も流入する環境にあった。さらに、島国であることから、ヨーロッパ大陸の変化や動乱、戦渦から免れることができ、イギリスは自国を豊かに保ち中流階級の人々の生活に余裕をもたらしたのである。
     そして、世界のどこよりも早くイギリスが小説を勃興し隆盛を極めたのは、新しい表現方法に着手する書き手が数多く登場したというだけでは説明できない。社会とそこに生きる人間の姿を真正面から扱おうとする小説家の登場に加えて、そうした新しい方法が受け入れられ、広く発展す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。