A判定「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数702
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ』
     エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインは、19世紀に急成長したアメリカ文学を代表する二人である。彼らは、幅広い分野にわたって作品を残している。
     エドガー・アラン・ポーは19世紀前半のアメリカ文学の中で、世界文学的なレベルで評価され、他国の文学に大きな影響を与えた。彼の偉業は大きく分けて、詩、短編小説、批評の3つに分類され、創作意欲はすさまじいものがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ』
     エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインは、19世紀に急成長したアメリカ文学を代表する二人である。彼らは、幅広い分野にわたって作品を残している。
     エドガー・アラン・ポーは19世紀前半のアメリカ文学の中で、世界文学的なレベルで評価され、他国の文学に大きな影響を与えた。彼の偉業は大きく分けて、詩、短編小説、批評の3つに分類され、創作意欲はすさまじいものがある。
    彼の短編小説の大半は、『怪奇幻想物語集』(1840)と『短編集』(1745)にまとめられており、そのテーマは主に恐怖、美的や詩的、推理の3つに分類される。彼は『アッシャーの崩壊』(1839)『黒猫』(1843)の中で、すさんでいく人間の心理や良心の悩みや恐怖を卓越した技術で描きだしている。また、探偵デュパンが登場する三編の推理小説で、ゴシック小説を発展させ推理小説という分野を拓いた最初の人物でもある。
    次に彼の詩は、神秘・悲哀・恐怖・死といった雰囲気を漂わせ、教訓をはなれた純粋な美を追求している。14歳の頃に友人の母親に恋をした事を基に書かれた『ヘレンへ』(1831..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。